人と自然と建築と

nonobe's diary

Vol.36「endless thema - 31」(08年12月)

-------ランプ

我家の休日の朝は、庭の窓近くにテーブルを移動することから始まる。
近接する隣家に囲まれた東の庭に面した窓は2階まで抜けている。全面を窓にしてあるのだが、
天気が悪いと室内が少し暗いこともあり何かよい明かりはないかと探していたのだが、
結局、現在食卓用に使っているアルミシェードのPH5と同じポール・ヘニングセンがデザインした
Louis Poulsen社のPH2/1を吊ることにした。

コペンハーゲンに生まれたポール・ヘニングセン(1894~1967)は建築家としてスタート
したのだが、次第に照明に興味を持つようになり、Louis Poulsen社とのコラボレーションで
その意気を発していくようになる。ヘニングセンが1920~30ごろに試作した数々のランプ。
PHランプは光の美しさから現在も復刻されつづけている。
PH2/1

 

PH2/1は三枚のガラスシェードで構成され、大きさは200φ程度である。
ガラスの反射と透過性を利用したデザインでかなりコンパクトなランプである。
シェードのガラスは乳白の吹きガラスで、内面がフロスト加工されている。
そのためか、光源はクリプトン電球なのだが電球独特のぼやっとした感じがなく、
穏やかに澄んだ光を発する。
40Wミニクリプトン電球1灯でも光量はかなりあり、フロストガラスからの
下面への反射と上面に透過した光の調和だろうか美しい光である。
ヘニングセンのデザインするランプは、光源のグレアーを極力さけるデザインで、
光源が直接視界に入りキラッとするような刺激が少なく、やさしい器具である。
ヘニングセンの光に対する理論の結晶だろう。
食卓用に使っているアルミシェードのPH5



ミース・ファン・デル・ローエはブルーノのテューゲンハット邸(1930/世界遺産)に
三枚シェードのPHランプを使用している。当時はより美しい光をつくり出すために
ガラスシェード三枚の仕上げをそれぞれ微妙に変えたテクスチャーを用い製作されていたらしい。
手元にあるLouis Poulsen社のカタログには、PHランプの古典的ランプの再現として、
トップシェードはオパールガラス製、トップシェードの外側は光沢のあるホワイト、
内側はマットホワイト、他のシェードはオパールの吹きガラス製、内部は砂吹きガラス製、
酸化つや消しガラスの下面カバー付き、と記載されている。

 

Louis Poulsen社のパッケージの写真です。
箱も美しくデザインされている。

TEAM87にもオリジナルの器具がある。
ブルツイン蛍光灯のブラケット部分を金属で包んだ器具で、
プロダクツという大げさなものではなくコスト的にも
大してかからないのでその都度必要に応じ製作している。

光源である電球は白熱灯から蛍光灯
そしてLEDなどに移行し初めている。
何年前だったろう某電気メーカーも白熱灯の分野を撤退した。
理由はエコロジーの問題か。
消費電力と発熱などからくるCO2への考慮
そして切れにくい電球へと。
でも地球にやさしいものづくりは、人にとっても
やさしいのだろうか。その評価のバランスはむつかしい。

人類は電球が発明されて以来ガラス球の内にあるフィラメントの
発熱するさまを見て来た。そして生活用品はエネルギーを
浪費しにくく、便利でより効率の高い商品へと展開している。
真空管からIC、そしてデジタルへと。
はたして、人にやさしいのは。
 
オリジナルのブラケット。
このくらいのものなら、
費用もそんなにかからない。