人と自然と建築と

nonobe's diary

Vol.40「endless thema - 35」(09年04月)

-------建築を通して/コラボレーション 

生垣の足元にスノードロップが咲いている。
外の空気は日増しに穏やかで長閑(のどか)になり
草木も新しい芽がぽつりぽつり。
低気圧と高気圧が交互にやって来るのは春の訪れだとか。

建築を通して見えるものにはいろいろある。
「人と自然と建築と」でも各々ご紹介してきました。
いろいろな方とのコラボレーションから生まれるものも
そのひとつで、自分の創り出す空間をどう演出して行くのか
ということも重要なことではある。
一方、空間の主役が何であるか、
そしてそれを見せる空間を
どう創るのかということも重要なこと。

以前に手がけた住宅のリノベーションで、玄関ホールに「てあらい」を設けたことがある。
もう十二年程前になる。ガラスで仕切られた駐車場の名車を見渡せる玄関ホール。
木製のカウンターの上に半分程埋め込んだ陶器製の手洗い器は、
内側から外側へと「掻き落とし」という手法で「桜」が描かれている。
「掻き落とし」と言う手法は、一度素地に絵を彫り込んだり
絵の廻りを掻き落としたりした後、その上に彩色で描き込んでいく。


京都山科に工房のある宮本さんにお願いした洗面器だ。
残念だが、今ではもう桜の器は造らないそうだ。宮本さんの造る器は形がいい。
どこがと云われると丁寧さだろうか。きちんと仕上がっている。
それは底や高台からも伝わって来る。藍一色の葡萄が掻き落としで描かれている蕎麦猪口。
底の部分、丁寧である。トンボ柄のぐい飲み。
中にもトンボが描かれ、酒を注ぐとゆらゆらとトンボが揺れる。
このごろはあまり作らない作風らしいが、普段使いの器十五年程使っている。


宮本さんはINAXから、宮本博/京・絵付けシリーズの「掻き落とし牡丹」という仕事もしている。
そして4月2日(木)まで木屋町通りの高瀬川沿いにあるギャラリー
「遊空間 Roji」/京都市中京区木屋町御池上ル/で、「宮本博 陶展」が催された。
現在はモダンで斬新な作風がお気に入りだとか。
今回の個展もその延長線上か、いろいろな手法と表現に取り組む姿が見られる。


建築空間は焼物の洗面器ということもあり、
カウンターは厚みをあまり感じないようなディテールでシンプルさを心がけ、
支柱もフラットバーで構成し、無双の中釘を打った八角の化粧柱で床に見立ててある。
ホールには、フロストガラスの窓からの穏やかな光のあふれる階段。
その手摺には自立ガラスを用いたり、強化ガラスのオーディオルームの扉もあり、
構造体の鉄骨や空間はオフホワイト系を主としたホワイティなモダンなデザインにしてあるが、
無双釘を打った八角柱やクローゼットの扉に和桜を使用したりと
和のイメージを少しだけもたせてある。

このお宅にも時折おじゃまするが、
過去に創り出した空間の姿や形やその素材やディテールには
今の自分を支えるおまじないがある。
普遍的な意識の継承は建築にとって重要な課題でもある。

いつも思う、楽しい仕事と楽しい仲間。
そして、それを支えてくれている人たちに感謝しつつ、
学び、背中を押してもらえる喜びを大切にしたい。