人と自然と建築と

nonobe's diary

Vol.71「endless thema - 66」(11年11月)

-------十一月/かわきた屋のベーコン

 


ギンミズヒキ

葉っぱに穴の空いたミズヒキ。白一色なのでギンミズヒキ。
花芽の出る前に葉っぱが虫に食べられてしまったが、
小さく楚楚で瀟洒な花を幾つも付け元気よく咲いていた。
虫食いはともあれ、新芽にアブラムシがつき虫の幼虫もやってくる。
生け垣のアカメモチやサザンカにはアブラムシがよくつく。
毛虫にしろどんな幼虫にせよ、その成虫がどんな姿に成るのか気になるところだ。


陽が沈み門灯の明かりに誘われてか、カゲロウがやってきた。
クサカゲロウの仲間だと思うが、玄関の格子戸のまぐさに止まり触覚を動かしている。
全体が淡い青味がかった黄緑色で、透きとおった翅は神秘的だ。
クサカゲロウは、うどんげ優曇華)の花と呼ばれる待ち針のような形で卵を産みつける。
その幼虫はアブラムシを食べにやってくる。忘れずに、
その時期が来た頃には観察をしてみるか。
このごろ、思い出した時には‥‥‥。と、いったような事がよくある。
多くは宿題となるが楽しい宿題でもある。


かわきた屋ファサード

大宮通りの商店街筋にデリカテッセン「かわきた屋」と言うお肉屋さんがある。
一昨年暮れの新作の林檎のソーセージ。
シナモンがきいてなかなか上品な味で美味かった。
林檎もわかる程度に入って食感もいい。
店主の川北さんの話によると、信州の人から林檎が届いたこともあり
レシピはあるのだが川北流のオリジナルだとか。
リンゴが手に入らないとショーケースには並ばないというのが残念である。
川北さんは、外国旅行をして味を覚え my taste で作ってしまう人である。
定番である自家製のソーセージは皆美味い。


店主の川北さん

デリカテッセン

バジリコにオックスフォードにレーゲンスブルガーにモンペリアール。
メルゲースやブティファラやソンジン・ア・ライユやトゥールーズなどなど。
ボイルしてもローストしても美味い。
うちではローストもするが、ポトフ風の煮込みによく使う。
マスタードをつけて、ドイツビールもいいが
濃いめの甘味のあるポルトガルビールなどが似合う。
先ほど、煮豚用に豚の肩ロースも注文した。
奥でグラム分切り分けてくれているのが川北さん。
ショーケースの上段の左端を飾っているのはラザーニャ。
ついつい食べたくなるが、今日はがまんがまん。


丹青展

美味いと言えば、川北さんは油絵もなかなか上手い。
九月下旬から十月の上旬あたりにかけて京都府立文化芸術会館で毎年催されている
「京水会 丹青展」というグループ展に出展されている。
出展し始めたのは近年だということだが、丹青展は今回で39回目を迎えるらしい。
今年も出展すると聞いていたのでちょっと顔を覗きに行ってきた。
いつもと違うばりっとスーツ姿の別顔で来客の応対をしている。
今回は風景画三点。力強いタッチでさらりと表現してある。


川北おばあちゃん

そうそう、忘れてはいけないのがなんと言っても自家製ベーコンと
川北おばあちゃんの作ったコロッケ。
ラードで揚げたコロッケは納得の味。
中高校生の頃、学校近くの市場のなかのお肉屋さんで、
熱々のコロッケを頬張った楽しい記憶にも結びつく。
自家製ベーコンもグラムで買えるのがうれしい。
煮込み料理にはもってこい。スモークがしっかりした端の部分をお願いする。
煮込む前の、野菜を炒める前にかりっと炒めたところをつまみ食い。
これが美味い。カロリーには十分な注意?をしているが多少は良しとしておこう。
ここのベーコンに味を占めたせいか、他では買えなくなってしまった。
お肉屋さんであるし、当然肉は美味いということを付け加えておこう。

「かわきた屋」は新大宮通りの北山通りから二筋目を上がって西側にある。
赤い郵便ポストが目印。

 

***