人と自然と建築と

nonobe's diary

endless thema -149 ――― 十ニ月/創り出す平和

前号( endless thema -148 )で触れた広島平和公園。マンスリーホットライン掲載当時の「人と自然と建築と」のバックナンバー( 2015年2月号/endless thema-105 、同年3月号/endless thema-106 )に加筆修正して今回再掲載しました。 

 

 

f:id:nonobe:20211227141513p:plain

2015年の年初めに、「建築は知っている/ランドマークから見た戦後70年」という番組がNHKEテレで放映された。戦後の復興から高度成長そしてバブル期から現在に至までの建築を通して見た日本の風景。私もそれらのいくらかの時とともに建築を学んできた。番組はその時代の建築物から時代を検証し日本の記憶の戦後史を辿る。番組から東京タワーの鉄骨は物資の不足した時代、アメリカ軍の戦車をスクラップにした戦争という大過からできていると知った。まさに時は空間の中に記憶される。

 

番組中に登場する、東京都庁や代々木オリンピックアリーナの設計でも知られる丹下健三は1949年広島平和公園の競技設計に入選する。門をイメージする資料館のピロティをくぐり、慰霊碑のアーチから川を隔ててまっすぐに伸びた軸線の向こうには原爆ドームが視線にはいる。氏は「平和は自然からも神からも与えられたものでもなく、人々が実践的に創りだして行くものである。この広場の平和を祈念するための施設も、与えられた平和を観念的に祈念するためのものではなく平和を創り出すための工場でありたいと願う。」と述べている。

また「報道特集 鎮魂への条件~1969~」(1969年NHK放映)の氏のスピーチも編入され、「緑が育ち美しい祈念公園になってきたと思う。しかし一方悲惨でなまぐささの状況のなかで考えたことと大分とイメージが変わってきている。原爆の体験や経験が薄らいできているのではないかという心配がある気がする。平和と祈念する公園にし、さらに推進する為の起点にしようとする考えを持った時に大事だったことは、この記憶をどうゆう風に正確にふさわしく鮮烈に伝えていくかということであった。」とも述べている。

 

写真は広島平和公園の掲載された鹿島出版SD8704「特集 丹下健三 都市・建築設計研究所」である。建築家丹下健三の想いが果てることのない将来にわたり届きつづけて欲しい。

 

 

 

f:id:nonobe:20211227141557p:plain

番組では、「東京計画ー1960」の映像も映し出された。丹下健三が1961年新建築で発表した「東京計画ー1960 その構造改革の提案」は晴海から木更津へと向かう軸上に計画された東京湾上の海上都市である。学生の頃読んだ「日本列島の将来像/二十一世紀への建設」にまとめられている。「東京計画ー1960」という広大なスケールの計画は、サイクル・トランスポーティション(鎖状交通体系)と呼ばれる軸を中心に、直交した都市機能を持つ有機的な空間へと繋がっていく。ライフラインなどを埋設した人口地盤や水平なピロティと垂直な塔状のコアー・システムによる都市・交通・建築とを有機的統一へと向かわせる空間都市が計画されている。

 

写真の左下の書籍は「日本列島の将来像/二十一世紀への建設」(丹下健三著 講談社現代新書)。もうひとつの大きな見開きは1980年鹿島出版会の月刊誌SDの丹下健三の特集号8001に掲載された一面である。サイクル・トランスポーティションの模型や空間都市へのアクセスなど詳細に計画されている。

私の書棚に記憶とともに積まれたままであったが、この番組に映し出された映像と共に再び手にとる機会を得た。何度読もうと読むときが本の旬であると思い読み返した。読みながら思考はナウシカが使うメーヴェのようにサイクル・トランスポーティションの中を記憶とともに縦横無尽に駆け抜ける思いがした。

endless thema -148 ------ 十ニ月/広島原爆ドーム

f:id:nonobe:20211209153610p:plain

生垣のサザンカが咲き始めている。前庭はマツの剪定に合わせて秋の風を感じる頃に綺麗にしてもらう。丁度、サザンカの花芽が出始めの頃に重なる。

以前は、三月のまだ肌寒い頃に剪定をしてもらっていたが、植木屋さんの奨めもあり、以来秋口にお願いしている。秋口は花が咲いたり実がなったりし始めるので、なるべく出始めの花芽や実や草木を守り残しながら剪定してもらっている。お陰で、少しづつ賑やかではあるが冬の澄んだ景色になってくる。

 

 

f:id:nonobe:20211209153649p:plain

2019年春にリニューアルオープンした原爆資料館の音声ガイドには、前回同様に吉永小百合さんがオープンに合わせて26の展示ガイドを16年ぶりに再録音されたと、当時新聞の記事で知った。陰日向と、見守り、向きあうゆかしさが記憶に残っている。

 

12月4日の朝日新聞には、広島の原爆ドーム世界遺産に登録されて12月7日で25年という記事が出ていた。ドーム内の写真には、耐震補強のための鉄骨部材が幾層にも設けられているのが見える。崩れ落ちたと思われる痕跡も確認できる。1945年8月6日、投下のあった日から76年の歳月が経った今、記憶に残しておかなければならない歴史である。

 

バックナンバー (人と自然と建築と/endless thema -105、106 )でも書いた広島平和公園は、建築家丹下健三氏の設計である。夏の祈念式典から四ヶ月程経った。式典はいつもTVで見る。生い茂る木立越しに原爆ドームが視線に入る映像からは、歳月を重ねて丹下氏の想いと共に祈念公園として成長し続けているように見えた。

記憶は薄紙を剥ぐ様に薄れていく。そうならないためにと、書き留めておくことにした。

endless thema -147------ 十一月/記憶

 

f:id:nonobe:20211109171623p:plain f:id:nonobe:20211109171722p:plain

今年もルリタテハは育っていった。子達の食べ残しのホトトギスには、今は花が咲き始めている。小さなさくらんぼのような蕾だったヤブコウジの実も寒さにゆだねられ色づいている。ふと、陽だまりの暖かさがうれしくなる。

 

 

f:id:nonobe:20211109171820p:plain

新聞の切抜きから、阪神・淡路大震災( 1995年1月17日 )で被災した神戸市役所2号館の記事がでてきた。

2号館は1957年に建てられた。周辺の再開発も含めた超高層ビルに建替の計画が進んでいると聞く。

 

震災当時、私は建築ボランティアで訪れ(バックナンバー 人と自然と建築と/endless thema -45  )、崩れた中間層部を目の当たりに見ながら階段を昇り降りし、現実でありながら映像のような狭間の世界の体験が記憶に残っている。今にしてみれば写真にと思うところだが、そう思えぬ気配と緊張感であったように思う。

 

あれからもう27年経とうとしていると思うと感慨深いところである。

下層部を残し改修再利用しつづけた2号館は、昨年の暮れから解体が始りその面影はなくなりつつある。風景は変わり、その崩れ落ちたという視覚的な記憶だけを省いては、少しずつだが薄らいでいくようにも思う。

endless thema -146------ 十月 そのニ/メモ

 

f:id:nonobe:20211019143539p:plain

コーヒーはフレンチで飲むことが多い。うっすらと被われた泡が何故か好きだ。少し多いめにいれ、残りは冷やしておき、たっぷりめの氷と少しだけミルクを入れる。

 

スマホで "メモ" と言うアプリをよく使うようになった。以前はMacでこのアプリで気づいたことなどメモしていたが、iCloud経由で共有できる "Numbers"  "Pages" などとも同じように使っている。手元にあるスマホで簡単なことが出来るのは意外と便利か、と言ったところである。

とは言うものの、書き留めておきたいと思っている資料の山は、なかなか整理がつかない。しなくてはと思うプレッシャーはストレスに繋がる。まあそのうち、と気を緩めがちはやる気を損ねる。何事もバランスが大事か、などと思い巡らすこのごろである。

 

 

f:id:nonobe:20211019143640p:plain    f:id:nonobe:20211019143706p:plain

夕刻も過ぎた頃、窓にヤモリがやってきた。夏頃にポストの内にいて、驚かされた子だろうか。翌朝には、網戸にしがみついていた。そのうちにガラス戸と網戸の隙間に、まるで棲家のように落ち着いていた。

 

endless thema -145 ------ 十月/忘れた頃にやってくる

f:id:nonobe:20211005170822p:plain

裏庭ではヒヨドリバナが咲いている。花が終ると綿毛のような種子をつけ、風に煽られ、より遠くへと舞い始める。

家も、長年住み続けるといろいろと支障が出てくる。老朽化した古い銅管の給湯配管の漏れ。徐々にあちこちで大きくなるウォーターハンマー音。早々に、給湯管の取替とウォーターハンマー防止器の取付をすることにした。

 

f:id:nonobe:20211005170910p:plain

防止器は台所の給湯と洗面の給湯と給水につけた。以前につけた洗濯用給水口と合わせて4箇所になる。

給湯器の自動お湯はりの止水時や洗濯機の自動止水時のウォーターハンマーは無くなり、蛇口から出る水流は滑らかになった。

 

昼まえ頃だったろうか、裏庭からルリタテハが飛び立っていくのが見えた。うまく羽化しているようだ。また来年、帰ってくるといい。

endless thema -144------ 九月、その二/satisfaction

f:id:nonobe:20210921160432p:plain

 

ルリタテハが庭の葉っぱに触れてはまた触れ、と幾度も繰り返していた。あれから数週間。孵化した幼虫もずいぶん大きく育っている。幼虫のエサとなるホトトギスの葉の成育も良好。きっと元気に育ってくれることだろう。

 

少し前の事になるが、ラジオからザ・ローリング・ストーンズのサティスファクションが流れていた。先月24日にストーンズのドラマー、チャーリー・ワッツさんが亡くなった。歯切れの良いドラムの音に乗ってミック・ジャガーがところ狭しとステージをかけ廻りながら歌うシーンを思い出す。バラードのアンジーも素敵な楽曲だが、サティスファクションが聴こえてくると、たゆたう枯れないものが蘇える。

 

朝夕の肌寒さを感じるようになった。九月七日には、富士山で初冠雪が見られたらしい。ゆっくりと季節は深まってきている。

endless thema -143----- 九月/相変わらず

 

f:id:nonobe:20210903172616p:plain

前回から随分と経ってしまった。下書きは始めても、なかなかおぼつかないといった日々が流れた。四月の始めころ、妻が発芽して間もない楓の産木をいただいてきた。写真にみえる葉の下側には舞い降りるための赤いハネがみえる。ブーメランのような仕組みで、風に煽られながらクルクルと舞い降りる。少しづつだが今も成長している。

 

 

f:id:nonobe:20210903172733p:plain

f:id:nonobe:20210903172853p:plain

庭や玄関先の草木たちは相変わらずだ。

少しづつ日差しが眩しくなる暑さもまだの頃、八重のクリスマスローズと茎の白や赤のフタバアオイたち、それとウサギゾウが加わった。白の茎のフタバアオイは珍しいと聞く。小さな花がこっそりと咲く。その花も始めて知った。フタバアオイの増え方には、タネによるのとバルブをつけて増殖する二通りあるのだそうだ。面白そなので地植えにもしてみた。重なりあいこころもち肌色がかった八重のクリスマスローズの花びらは、やわらかな印象だ。通り抜ける夏風に揺れていた。

 

ところで本論のほうは、金沢の谷口記念館の話。阪神大震災にあった神戸市役所の話。ル・コルビジェの船の話。広島平和記念館の音声ガイドの話。かいぼり、CO2を資源化、水質浄化、などなど。少しつづ、整理を始めることにするかな。

 

 

f:id:nonobe:20210903172807p:plain

今年も、もう九月になった。

バランの葉にしがみついた空蝉も少し寂しそうに見える。